AGAなんて絶対に嫌だ。ちゃんと睡眠も取るし、わかめも沢山食べるし、ブラシで頭トントンするから!努力するからハゲたくない!という方もいらっしゃるでしょう。ところで、AGAって防げるものなのでしょうか?その疑問について当サイトでご紹介します。

薄髪の症状、AGAの特効薬でもある後発医薬品

薄髪に悩む人は多くいると言われていますが、薄毛と言うのは髪の毛が抜けてしまい頭皮が見える状態のものから、髪の毛が無くなるハゲの状態まで様々です。

髪の毛が無くなるハゲの状態になるのは主に男性になりますが、女性の場合でも薄毛になる事でショックなどにより症状が悪化してしまうケースが在ります。

AGAは男性の薄毛ではありますが、女性にもFAGAと呼ばれる脱毛症が存在しています。
尚、この二つは遺伝子の影響を受けていると言った共通点が在り、男性ホルモンと体内酵素が結びついて、酵素によりテストステロンが変化して、ジヒドロテストステロンに変換されることで脱毛症を引き起こすことになります。

男性の場合は、プロペシアを使用してAGA治療が可能になりますが、女性の場合はプロペシアの処方は行われません。
これは女性がプロペシアを触れたり、服用したりすることで恐ろしい副作用を引き起こすリスクが在るからです。

尚、プロペシアは男性型脱毛症のAGAに対する効果が高い特効薬として知られていますが、プロペシアには後発医薬品と呼ばれるものが在り、個人輸入代行の通販サイトを利用する事で、プロペシアよりも安い値段で購入が可能になっています。

女性が使用することで恐ろしい副作用を引き起こすと言うのは、後発医薬品も同じなので注意が必要です。

後発医薬品と言うのは、先発医薬品の特許が切れたものを別の製薬会社が権利を購入して同じ製法、同じ成分の医薬品を製造並びに販売を行っているものです。

医薬品と言うのは、膨大な金額が掛かる事になりますが、後発医薬品はこの開発コストがかからない事からも、ジェネリック医薬品として安く購入が出来るようになっています。