AGAなんて絶対に嫌だ。ちゃんと睡眠も取るし、わかめも沢山食べるし、ブラシで頭トントンするから!努力するからハゲたくない!という方もいらっしゃるでしょう。ところで、AGAって防げるものなのでしょうか?その疑問について当サイトでご紹介します。

脇毛と髪の毛の違いやAGA治療薬とがんの関係

人間の体毛の数は、何歳になっても、その数にほとんど変化はありません。
思春期になって、髭や脇毛が生えてきても、実際は細いうぶ毛が太く濃くなっただけなのです。
AGAの症状はその逆で、髪の毛の毛根にある毛乳頭細胞の働きが弱まり、太くて濃かった髪の毛が細いうぶ毛になってしまった症状になります。
AGAの主な原因は男性ホルモンの一つであるジヒドロテストステロンという物質です。
ジヒドロテストステロンが髪の毛の毛根にある毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びついてしまうと、毛周期の成長期が短くなってしまいます。
それが原因で髪の毛が太く濃い丈夫な髪の毛に成長することができなくなってしまいます。
髪の毛が充分に育っていかないために、うぶ毛のような細くて短い髪の毛が増えてしまうことによって、髪の毛が薄くなっているようになっている状態が目立ってしまいます。
プロペシアは、お医者さんが処方する服用するタイプのAGA治療薬のことです。
今では世界の六十以上の国で認可を受けていて、日本でも厚生労働省の認可を受けてAGA治療薬として活用されています。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、ジヒドロテストステロンが髪の毛の毛根にある毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びついてしまうのを防ぐ効果があります。
それによって、髪の毛の毛周期の成長期がAGAの症状が現われる前のときのように長くなり、うぶ毛のような細くて短い髪の毛が太く濃い丈夫な髪の毛に成長することができるようになるという効果があります。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、がんの発生を抑える効果がある一方で、がんを発症したときには悪性度が高まる問題があるため、がんを発症した場合は服用を避けるべきです。