AGAなんて絶対に嫌だ。ちゃんと睡眠も取るし、わかめも沢山食べるし、ブラシで頭トントンするから!努力するからハゲたくない!という方もいらっしゃるでしょう。ところで、AGAって防げるものなのでしょうか?その疑問について当サイトでご紹介します。

ロゲインはAGAに効果がある育毛薬

AGAとは男性型脱毛症の意味で、男性ホルモンの影響で髪の生え際や頭頂部の毛が薄くなったり抜け落ちてしまう症状の事です。男性ホルモンのテストステロンは、男性らしい心身の成長に欠かせないホルモンですが、ジヒドロテストステロンというホルモンに変換されると、頭髪の生育を妨げてしまいます。ジヒドロテストステロンは髪を生育する毛母細胞に影響を与え、ヘアサイクルにおける成長期を短くし、髪の毛が太く成長する前に抜け落ちさせてしまう事から、頭髪が十分に育たず細く短い髪の毛が多くなります。そうするとどんどん薄毛が目立つようになり、最終的にはほとんど頭髪が生えなくなってしまいます。
AGAの治療薬の中で、外用薬のミノキシジルは厚生労働省によって安全性と効果を認められています。このミノキシジルが配合されている育毛剤の一つがロゲインで、アメリカの製薬メーカーのファイザーが開発しました。ミノキシジルの作用は、頭皮に塗布する事で毛細血管を拡張させ、頭髪を育成する毛母細胞と毛髪に十分に栄養が行き届くようにする事です。頭皮と毛髪に働きかける事で薄毛や脱毛を抑制して、もともと備わっている頭髪の自然な成長サイクルを復活させる効果があります。特に頭頂部の薄毛・抜け毛に対する効果が高く、継続使用で多くの人がAGAの進行を遅らせたり、発毛作用を確認しています。ロゲインの使用方法は簡単で、1日に2回程度を目安として、1回の使用につき1mlを頭皮に塗布します。頭髪は生え代わりながら徐々に効果が現れてくるため、少なくとも半年は継続使用する事をおすすめします。また、決められた用量より多く使用しても効果は変わりませんので、適切な量を使うようにしましょう。