AGAなんて絶対に嫌だ。ちゃんと睡眠も取るし、わかめも沢山食べるし、ブラシで頭トントンするから!努力するからハゲたくない!という方もいらっしゃるでしょう。ところで、AGAって防げるものなのでしょうか?その疑問について当サイトでご紹介します。

AGAの原因について

AGAは一般的には特殊な症状と解釈されていますが、医学的には男性の薄毛の約7割は男性型脱毛症に分類できるものであるため、そういう意味では薬や自毛植毛によって約7割近くの人が症状を改善することができると言えます。
AGAは、薄毛の根本的な原因が男性ホルモンにあるということが医学的な見地から解明されている脱毛症状です。
そのため、その治療を行う際には根本的な原因である男性ホルモンに対する抑制を優先すれば比較的簡単に脱毛症状を止めることが出来ます。
例えば自毛植毛というのは、抜け毛の作用を引き起こさない後頭部の髪の毛が利用されますが、これは後頭部の髪の毛には男性ホルモンを受容する男性ホルモン受容体というものが存在しないからです。
男性ホルモン受容体が存在する髪の毛には、男性ホルモンの働きによって発毛を阻害する物質であるDHTという物質が生成されます。
しかし、後頭部などの一部の髪の毛に対してはこの受容体が存在しないので、どれだけ抜け毛の作用が生じたとしてもその物質を受け取るための器が存在しません。
そのため、男性ホルモン受容体に対する働きを無効化することによって抜け毛が生じることがなくなるわけです。
こうした医学的な見地から、自毛植毛や薬は男性型脱毛症に対する有効な手段と考えられていて、その原因から理にかなった治療方法が提案されていると言えます。
そして、一般的に薬や自毛植毛で治療できるAGAの症状というのは、AGAに関連する薄毛の症状にしか効果がないということも特徴です。
原因が男性ホルモンにありますのでそのホルモンの働きを抑えるための治療方法が主流であるため、クリニックではそれに対処するための療法が重視されているのです。

AGAを防ぐことは可能なのか?

AGAは遺伝の場合もありますが、同じ遺伝子を持っている兄弟でも発症する人としない人がいたりします。
またAGAの遺伝子を受け継いでいなくても発症する人もいます。
その違いは生活習慣がとても大きいといわれています。
規則正しい生活を心掛けて、しっかりと睡眠をとる人の方が発症率は低いのです。
AGAを防ぐための生活習慣とは、バランスの良い食事をとり、睡眠をしっかりとるというものです。
たんぱく質やミネラル、亜鉛、ビタミンなどをしっかりとることが髪の健康に繋がり、抜けにくい強い毛髪を育てることができるのです。
これらの栄養素が含まれている食品は海藻類や大豆製品、緑黄色野菜、牡蠣、卵、レバーなどです。
お肉などの動物性たんぱく質は摂りすぎると悪影響を及ぼすこともあるので、野菜や魚を中心とした和食を摂るようにすると良いでしょう。
また可能であれば食事は毎日同じ時間に食べるようにすると良いです。
時間がある程度決まっていると体も効率よく栄養素を消化吸収してくれるようになるため、AGA予防には効果的です。
また食事や睡眠と同じくらい気を付けたいのがストレスです。
昔から白髪があると苦労している、ストレスがたまっているなどといいますが、ストレスも髪には天敵なのです。
一見関係のないように見える髪の毛とストレスですが、ストレスを感じている状況だと血管は収縮してしまい、血行が悪くなります。
つまりせっかくバランスの良い食事をとっても、血行が悪ければ体には十分な栄養素がまわらなくなるのです。
髪の毛も栄養が必要なため、ストレスによって栄養素が運ばれないことで髪の毛は弱くなり抜け毛が増えるのです。
そのため適度にストレスを発散することが心身の健康に繋がるのです。

AGAを治すにはどんな方法があるのか

最近では全国で1200万人ほど、実に夜約10人に1人が悩んでいるといわれているAGAですが、AGA専門の治療外来も増えてきました。
初診の場合は医師による診療で市販の育毛剤や発毛剤で効果があるのか、病院から処方する薬を飲んだ方がいいのかなどを聞くことができます。
軽度のAGAであれば市販品で十分な効果が得られる場合が多いです。
もし病院に行くのが難しければ自分で生活習慣を変えたり、食べ物を気を付けるだけでもAGAを改善することができます。
不規則な生活や暴飲暴食、ストレス、運動不足、頭皮の汚れを十分に落せていない場合などがAGAを引き起こす要因といわれているため、これらを改善するだけでも比較的症状は抑えられます。
さらに海藻や大豆製品、卵、緑黄色野菜などをバランスよくとることが大切です。
髪を作るには良質なたんぱく質やミネラルが必要であるとともに、新陳代謝を促したり髪の健康を促進するビタミン類も必要になるので、偏らないように気を付けましょう。
またいくらバランスよく食事をとっているといっても時間が不規則になっては効果は半減してしまいます。
毎日同じ時間に食事をとることで体が効率よく栄養を吸収してくれるようになるため、もし3食同じ時間に食べることが難しければ朝食だけでも同じ時間に食べるように心がけることで一日のリズムができ、消化吸収も良くなります。
人間関係などでストレスがたまるという人も現代社会では珍しくありませんが、運動をするなど適度にストレス発散を心掛けることで心身の健康に繋がります。
また運動後などはしっかりと頭皮を洗い、清潔にしておくことが大切です。
頭皮に汚れが溜まっていると髪の健康にも良くありません。

▼AGA治療に対して非常に有効な成分です
デュタステリド
▼世界初となる飲み薬タイプのAGA治療薬・プロペシアのジェネリックです
フィンペシア 効果
▼自分のAGAの進行具合や治療について相談するならば病院やクリニックへ
大阪でAGA治療ができる病院